社員対談

仙崎 雄太郎(副主任)×髙橋 俊輔(部長)

営業本部 仙崎 雄太郎
入社2年目。現在は髙橋部長のチームに在籍しており、個人成績ランキングTOP10に名前を連ねるほどの活躍を見せている。社内ではみんなを盛り上げるムードメーカー的存在。
営業本部 髙橋 俊輔
入社10年目。営業部で部長として活躍し、自らもチームを持ちながら、営業部全体を統括している。

―お互いの第一印象は?

仙崎
とにかく輝いていました!入社当時は同じチームではなかったのですが、チームが隣同士で、活躍している姿を常に近くで見ていました。
髙橋
第一印象は爽やかだなと。せっかく人に好かれそうな雰囲気を持っているのに初めの方はくすぶっていて、何とかしてあげたいなと思っていたかな。

―仙崎さんの入社のきっかけは?

仙崎
きっかけは就活サイトのマッチング機能で「メイクス」の名前が上がってきたこと。そこから色々調べ始めたらなんだかかっこよくて…。
髙橋
どんなところがかっこよかったの?
仙崎
もう、全部です!働いている人も、販売しているマンションも!あとはオフィスもかっこいいです。場所も渋谷で、そこで働いている自分を想像したら、それもまたかっこよくて…。(笑)
髙橋
結局自分ね。(笑)でもそういうビジョンを持つ事は大事だと思うよ。初めは、稼ぎたい、どんどん役職を上げたいとか、なんでもいいんだけど、本当に大事なのは自分自身がどうなりたいか、お客様に対してどのような価値を提供していけるのか、など、しっかりした目標を持つことが大事かな。僕たちはそんな人を全力でサポートしたいと思う。

―思い出に残っていることは?

仙崎
やっぱり初めてご契約を頂いたお客様は印象に残っていますね。上司のサポートも大きかったですが、本当に嬉しかったです。今度開催するお客様感謝祭にも来てくださるそうなので、今から楽しみです。
髙橋
初契約は特別だよね。僕も初契約から10年以上経つけど、今でも初めてご契約を頂いたお客様とは連絡を取り合う。元気ですか?最近どうですか?って。本当にありがたいことだよね。

―その後、今の髙橋さんのチームに配属になった仙崎さん、そこで学んだことは?

仙崎
目標設定の大切さを学びました。学生時代も自分なりに目標を立てたこともありましたが、それを達成できなかったからといって、何も感じなかった。でも髙橋さんのチームではそれは絶対にNG。初めの頃はどうしてそんなに言われるのだろうと正直戸惑いましたが、今ではその大切さがすごく分かります。
髙橋
人から与えられるのではなく、自分で目標を立てることで、そこに責任も生まれる。だから絶対に達成しようと思える。
仙崎
はい。ひとつひとつ目標を達成していけば、必ず自分の力になると、今は実感しています。

―チームでの思い出は?

仙崎
当時のメンバーで月目標を全員達成したこと!あれは本当に嬉しかった!
髙橋
他のメンバーは仙崎よりもかなり先輩ばかりだったのに、よくついてきたよね。
仙崎
はい、正直プレッシャーはハンパなかったです…。でも、あのレベルの高い環境にいたからこそ、達成できたのだと思います。
達成のご褒美に髙橋さんがメンバー全員にオリジナルのスニーカーをプレゼントしてくれました。かかとの部分には僕の口グセの「ブラボー!」というロゴを入れてくれて。(笑)
髙橋
ちなみに僕のロゴはイニシャルの「S.T」です。
仙崎
自分だけおきにいきましたね。(笑)
仙崎
チーム全員で懸賞旅行としてハワイにも行きましたね!本当に楽しかった!友達と行く旅行とはまた違う、何とも言えない達成感がありました。
髙橋
仙崎はそれが人生初の海外旅行だったよね?
仙崎
はい!初めてゴルフのコースもまわらせてもらって、本当に色んな経験をしました。次回のお客様をお招きして開催するゴルフコンペにも参加予定なので、もっと練習しないと!
仙崎
あとは、プライベートでも仲がいいです。「メイクス野球部」という部活があって、休日には練習や、公式試合にも参加しています。そこでも髙橋さんと一緒ですね。
髙橋
普段は一生懸命仕事をして、遊ぶときは思いっきり遊ぶ、このメリハリが大事。野球も仕事も、チームで戦うという点では同じだね。

―お客様にお会いする際、大切にしていることは?

髙橋
お客様のことを第一に考えてプランをご提案すること。そして信頼と納得をいただき、お付き合いが始まってからが本当のスタートだと思っています。長いお付き合いになるので、お客様には常に誠実であるよう心がけています。
仙崎 僕も常に誠実でありたいと思っています。ですが、僕の場合はまだまだ未熟なので、いただいた質問に対して満足な回答ができない事もあります。その場合はお客様に正直にお伝えして、すぐに上司に確認するようにしています。
仙崎
僕も常に誠実でありたいと思っています。ですが、僕の場合はまだまだ未熟なので、いただいた質問に対して満足な回答ができない事もあります。その場合はお客様に正直にお伝えして、すぐに上司に確認するようにしています。
髙橋
ごまかさないことは大事だね。大切なお客様のためにも、これからもっと勉強して自分に自信をつけていこう。
仙崎
はい!頑張ります!

―メイクスの好きなところは?

髙橋
会社の事を好きな人が多い、一緒に働く人の事も。そしてみんな目標のレベルが高いので、自分も立ち止まっていられないなと思わせてくれる。
仙崎
そうですね。上の立場の人ほど目標も高いし、バリバリ働いている印象です。あとはチームの垣根がないところですかね。「営業」というと、ピリピリしているイメージを持たれがちですが、メイクスはそういう雰囲気がなく、他のチームの先輩もとても親身になって相談にのってくれます。
髙橋
それがメイクスならではの強みでもあるね。

―今後入社する方や、入社を考えている方へのメッセージ

仙崎
何も持っていない僕でも、成長できるよう、引っ張っていってくれる頼もしい上司や先輩がいるので、前向きに走り続けられています。自信がある人も、そうでない人も、安心して入社してきてください!
髙橋
常に今がピークだと思えればそれがベスト。自分を磨き、お客さまにも出会えてよかったと思っていただけるように、一緒に頑張りましょう。

 服部 愛実(社員)×清井 彩奈(係長補佐)

管理本部 服部 愛実
入社2年目。内定者時代からメイクスでアルバイトを始め、現在は事務として会社全体のサポートをしている。
管理本部 清井 彩奈
入社7年目。現在は総務部で広報を担当し、社外向け、社内向け問わず広報活動を行っている。

―お互いの第一印象は?

清井
アイドルみたいにかわいい子だなと。でも実際は本人がアイドルヲタクだったとは!驚きと同時に、私と趣味が一緒で嬉しかった。(笑)
服部
ヲタクということは隠そうと思っていたのですが、清井さんのデスクにアイドルの写真が飾ってあるのを見て、「あ、隠さなくてもいいんだ」と思いました。(笑)同時に話が合いそうだなと。
清井
服部ちゃんは雰囲気も喋り方もふわふわしていて、初めは大丈夫かな?と心配していたけど、仕事はテキパキこなしてくれるので、いい意味で期待を裏切られた感じだった。(笑)

―入社2年目の服部さん、今まででどんな仕事が大変でしたか?

服部
メイクスはイベントが多く、その準備や計画も私たちの大切な仕事のひとつです。何か月も前から会場の手配をしたり、プログラムを考えたり。楽しくもあり、一番大変な仕事でもあります。
清井
社員のみんなが楽しんでくれている姿を見ると、本当に嬉しいよね。「お疲れさま、ありがとう」と声を掛けてくれた時は、頑張って準備してきてよかったと思う。(笑)
服部
そうですね。あと個人的にはあまり人前に立つのが得意ではないので、そこは苦労しました…。
清井
イベントの司会とかね。でも最近は前より堂々と話せているよね。(笑)
服部
はい、少しだけ…(笑)

―今までで楽しかったイベントは?

服部
私はみんなで行った箱根の社員旅行が楽しかったです。“ザ温泉”という広い宴会場でみんなでわいわいお酒を飲みました。あえてレトロにカラオケ大会をしたりと、とっても盛り上がりました!
清井
私が印象に残っているのは、運動会かな。私自身は運動が苦手なので、活躍はしていないけど…。みんなの一生懸命な姿を見ていたらなんだか感動したなー。メイクスは熱い社員が多いから、仕事も遊びもとにかく本気。
服部
チームも部署や年齢関係なく編成されていて、そのおかげで普段は仕事で関われない人たちとも仲良くなれました。毎年チームごとに制作するオリジナルのチームTシャツもいい記念になりました。

―社内の雰囲気は?

服部
とにかく明るいですね!そして本当にいい人が多い。「この人苦手だな」とか「こわいな」とか、そういう人がいないです。あまり言いすぎると嘘っぽくなっちゃいますかね。(笑)
清井
確かにみんな気さくだよね。それは周りの社員だけでなく役員や社長も同じ。世間では上司と飲みに行くのを嫌がる部下の話をよく耳にするけど、私はむしろ「飲みに行きましょう!」と誘ってる。(笑)
それくらい大好きな先輩や上司がいることはすごく恵まれているなと思うよね。
服部
社長もふらっと私たちのデスクのところに現れて、「最近どう?」とフランクに話しかけてくれます。100名程いる社員の名前だけでなく、その人柄まで理解しているのには本当に驚きます。
営業部の方はフロアが違いますが、チームの食事会などにもよく呼んでくれます。皆さんキャラが濃いので本当におもしろいです!でも仕事中は仕事モードに切り替えてバリバリ働いていて、そのギャップもかっこよくて憧れます。
清井
女性社員に関して言えば、サバサバしている人が多いかな。全女子社員で定期的に開催している女子会でも、みんな誰とでも話すし、話し出したら止まらない。(笑)
服部
そこは女子らしいですね。(笑)お店もいつもおしゃれで美味しくて、楽しみのひとつです。

―今後入社する方や、入社を考えている方へのメッセージ

服部
社会人になることや、新しい会社で働くことは、知らないことばかりで不安だと思いますが、みんなが優しく接してくれるので、壁を感じずに楽しく働けると思います。
清井
それぞれ仕事の内容は違っていても、みんなが同じ目標に向かって走っているので、とても一体感があり、活力に満ち溢れています。疲れていても、なぜか会社にくると元気をもらえる、その感覚をぜひ味わってほしいです。