よくあるご質問

Q&A

入居者の確保はできるのですか?

東京23区内の再開発や公共交通機関の発展により、都心の利便性が高まり、都心への人口集中が鮮明になっております。とくに首都圏の全世帯の4割以上が単身者ということもあり、ワンルームの需要は確実に増えています。
その中でも当社取り扱い物件は、デザイナーズマンションのブランドイメージが定着し、更には提携会社のS-FITをはじめとする賃貸専門会社約2,000社での賃貸募集を行い、入居者確保に努力しております。

借り手がつかなかったら?

住宅用の賃貸マンションの場合、貸ビルなどとは異なり、立地に見合った家賃設定がなされていれば空室の心配はさほどありません。特に都心の単身者向けマンションは、豊富な需要に見合うだけの供給がなされていない状況にあるため、容易に入居者を確保できます。また、サブリースシステム(借り上げ契約)もご利用できますので、ご安心いただいております。

どんな人が投資しているの?

老後の年金対策や生命保険の代わり、かつ、安定した利回り商品として、30歳、40歳代の一般サラリーマンやOL、公務員の方々がワンルームマンション経営に投資をしています。他にも、20歳代独身の方で自宅として購入し、結婚した後、賃貸に転用したり、定年退職された方が、賃金の運用、もしくは預金代わりとして購入されたりするケースもあります。このように最近では、購入者層や目的は、多様になってきています。

将来的に資産価値が下がるのでは?

マンションの資産価値は需給関係により決まります。立地・環境・利便性・建物のグレードが需要の決め手となります。賃貸需要の高い物件では建物が古くなっても資産価値をあまり損なうことなく維持できます。また、近年東京23区の自治体主導のワンルーム規制条例によるワンルームマンションの供給源も資産価値の維持に一役買っており、その中で当社取り扱い物件は駅前立地とハイグレードな設備仕様を整えておりますので、安定した賃貸収入を確保できるのです。

マンションの寿命はどのくらい?

税務上の耐用年数が居住用マンションは47年と決められています。一方、コンクリートはアルカリ性で雨風などにさらされると、中性化が進み、鉄筋部分を錆びさせてしまいます。中性化速度は30年間で1cm程度です。建築基準法では、コンクリートのかぶり厚さは3cm以上となっていますので、理論上、外壁コンクリートの寿命は90年以上ということになります。更に、当社取り扱い物件では外壁に耐久性に配慮したタイルを使用しておりますので、コンクリートの中性化を遅らせることができます。また、当社では、建物の点検、維持管理、修繕などをサポートし、大切な資産をお守りします。

地震がきても大丈夫?

耐久性の強化を義務づけた建築基準法(新耐震基準・1981年)改正後に建築された物件は、阪神淡路大震災(1995年)クラスの地震にも耐えられる耐震構造となっています。もちろん、任意での地震保険もご用意しておりますのでご安心ください。
MAKES
ページの先頭に戻る